CULTURE LIFE

愛犬、愛猫の健康祈願、病気平癒、長寿祈願に!全国各地のペットにゆかりの深い神社

Pocket

最近、神社にお参りにいかれましたか?

皆さんはどの程度の頻度で神社に足を運ぶでしょうか?

神社といえば、旅行などで観光地に訪れた際、現地の有名な神社にお参りすることなどを始め、初詣やお子様の七五三、自動車を購入したときなどに安全祈願に行くのが一般的ですね。

基本的に、あまり熱心に特定の宗教を信仰する人が少ないと言われる日本ですが、神社にお参りする機会は意外と少なくありません。

さらに近年では、自分やお子様など、人間のために神社にお参りするだけでなく、犬や猫など、ペットの健康祈願を目的に神社にお参りする人が増加していると言われています。

もちろん、日本全国すべての神社がペットのご祈祷を受け付けているわけではありませんが、中にはペットの健康祈願だけでなく、人間年齢に換算した七五三なども行っている神社もあるほどです。

これは、近年ペットを家族として大切にするご家庭が増えてきたことで、自分のお子様と同じようにいろいろな記念日をペットと一緒に楽しむためなのでしょう。

そこで今回は、大切なペットと一緒に神社にお参りすることを考えた場合、「こんなとこに行ってみては?」というオススメ情報をご紹介します。神社は、「学問の神様が祀られている」などといわれるように、施設ごとに祀られている神様が異なるのです。本稿では、ぜひペットと一緒に足を運んでほしい『犬』や『猫』にまつわる神社をご紹介したいと思います!

犬にまつわる神社

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本国内には、地元の住民以外にはあまり知られていない神社や無人の神社を含めると、なんと8万以上の神社があると言われていいます。

その中には犬や猫を祀っている神社も少なくありません。ただし、日本にはオオカミを「おいぬ様」と呼んで信仰していた歴史がありますので、「犬を祀っている」といっても実はオオカミを祀っている場合もあります。

ワンちゃんの健康を祈るには犬を祀った神社に行ってみるのも良いと思いますよ!

武蔵御嶽神社『東京都青梅市』

まずは「ワンコの聖地」とも言われる武蔵御嶽神社です。この神社は、犬の祖先にあたり、神の眷属といわれる狼(山犬)を祀っています。都心からも非常にアクセスが良い場所ですので、東京観光のついでにペットのお詣りをするのにはちょうど良いのではないでしょうか?神社は、御岳山の頂にありますので、四季折々の自然の絶景を楽しみながらハイキングすることも可能です。

名称 武蔵御嶽神社
住所 〒198-0175 東京都青梅市御岳山176
公式サイト http://musashimitakejinja.jp/

伊奴神社『愛知県名古屋市』

安産と子授けの祭神「伊奴姫神」を祀っている神社で、その名も「伊奴(いぬ)神社」といいます。直接犬を祀っているわけではないのですが、その昔、犬の王と書かれた御幣が洪水から村を守り、豊作をもたらせたという伝説から、厄除招福の神として犬を崇めるようになったと言われています。また、境内には犬の石像があるのですが、これは『犬はお産が軽い=安産』ということが由来となり奉献されたそうです。

名称 伊奴神社
住所 〒451-0012 愛知県名古屋市西区稲生町2-12
公式サイト https://inu-jinjya.or.jp/

伊勢神宮『三重県伊勢市』

日本人であれば誰もが一度は耳にしたことが伊勢神宮も犬にまつわるお話が多いですね。今でも有名な言葉ですが、「一生に一度はお伊勢参り」という言葉が残るほど特別な神社が伊勢神宮です。江戸時代には、「おかげまいり」と呼ばれる集団参拝が庶民の憧れとして非常に流行していたと言われます。そして、そのおかげまいりに病気などを理由に、自分でお参りに行けない主人の代わりとして遣わされた賢い「おかげ犬」の逸話は、現在でも全国各地に残されています。
今では伊勢市の一大観光地となっているおはらい町・おかげ横丁では、「おかげ犬」をモチーフとしたグッズがたくさん販売されています。

名称 伊勢神宮
住所 〒516-0023 三重県伊勢市宇治館町1 (内宮(皇大神宮))
公式サイト https://www.isejingu.or.jp/

猫にまつわる神社

次は猫にまつわる神社です。近年、ペットとして猫の人気はすさまじく、猫がたくさん住んでいる島などが『猫島』として観光地になるほと特別な人気を誇っています。

犬と比較すると、人と暮らしてきた歴史は短いのですが、実は猫にまつわる神社は意外と少なくないのです。

お松大権現『徳島県阿南市』

まずは徳島県阿南市にある『お松大権現』です。

この神社は氏子に「猫神さん」として親しまれています。由来となっているのは日本三大化け猫話として有名な「阿波の化け猫騒動」で、無実の罪で処刑された主人を思い、妖怪となった三毛猫のお玉の伝説です。

『お松大権現』の境内には、大小さまざまな招き猫が安置されており、屋根の上には魔除けの猫、境内は猫の足跡があるなど、まさに猫の神社といった感じです。ちなみに、徳島市にある『王子神社』も「阿波の化け猫騒動」のお玉を祀っており、こちらも「猫神さん」と呼ばれ親しまれているそうです。

名称 お松大権現
住所 徳島県阿南市加茂町不ケ63
公式サイト http://wwwa.pikara.ne.jp/omatudaigongen/

美與利大明神『宮城県石巻市』

人口よりも猫の数の方が多いと言われ、近年猫島としても有名は宮城県石巻市の田代島。

この田代島にある美與利大明神には、大漁の守護神として猫が祀られており、別名で猫神社といわれています。猫島観光は、近年猫好きの方の間で大人気ですが、この島と神社は外せないのではないでしょうか。

ちなみに、この猫神社は、平成21年に国土交通省『島の宝100景』にも選ばれています。

名称 美與利大明神(猫神社)
住所 宮城県石巻市田代浜字仁斗田
関連サイト https://www.city.ishinomaki.lg.jp/cont/10452000b/-kanko/-kankomap/d0120/20150814103358.html

仙巌園 猫神神社『鹿児島県鹿児島市』

鹿児島県鹿児島市にある島津家の別邸跡地内には『猫神神社』があります。

仙巌園は鹿児島市の観光スポットになっていますが、広大な敷地の奥には『猫神神社』がひっそりと建てられているのです。

この『猫神神社』は、日本で唯一、実在した猫を祀っている神社とも言われていますので、鹿児島に行った際にはぜひ訪れてみたいですね。『猫神神社』に祀られている猫は、文禄・慶長の役の際に、軍に従軍した7匹の猫の生き残りである「ヤス」と「ミケ」という2匹の猫だそうです。

名称 仙巌園 猫神神社
住所 鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1
関連サイト https://www.senganen.jp/

まとめ

今回は、全国各地にある犬や猫にまつわる神社をご紹介しました。

神社は日本人にとって特別な場所であり、何かの節目にお詣りに行くだけでなく、観光などでも神社に足を運ぶ機会は非常に多いのではないでしょうか?

今回ご紹介した神社は、そんな中でも犬や猫にまつわる伝説がある場所で、犬好きや猫好きの人であれば一度は足を運んでみてほしい場所です。

-CULTURE, LIFE

Copyright© Mind Mission , 2019 All Rights Reserved.