BLOG LIFE 家庭医学・健康

カラダと心をしっかり休ませる「質の良い眠り」ってどんな睡眠?

Pocket

眠れない、寝つきが悪い…。

それって、体内時計と自律神経のバランスの乱れが 問題かも!?

睡眠には、浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠の2種類があります。

質の良い睡眠=深い眠りと思いがちですが、実は簡単にはそう言い切れないのです。

深い睡眠のノンレム睡眠は、脳をしっかり休めますが、身体の緊張は完全にはとれません。

反対に、レム睡眠は身体を弛緩させるため、肉体的な疲労を回復させる役割を担っています。

さらにレム睡眠時、脳の記憶や固定を行い、夢を見ます。

夢の展開が奇妙キテレツなのは、脳が意識的な制約を取り払い、自由に活動しているからです。

これにより、日々のストレスを解消してくれる働きがあります。

眠りに入ると、まず先にノンレム睡眠が現れ、その後、レム睡眠に移行するというサイクルを3~5回くり返します。

入眠直後のノンレム睡眠がしっかり深いレベルにまで達することで、レム睡眠が出現します。

つまり、両方がバランスよくあらわれる睡眠が、質の良い睡眠といえるのです。

そして、良い睡眠を導くには、体内時計と自律神経のバランスが何よりも大切です。

春は、気候や生活環境の変化による心身のストレスが多く、自律神経がバランスを崩しやすい季節。

また、体内時計は実は25時間の周期になっており、一日一時間ずつずれてしまうことがわかっています。

これらを解決するには、規則正しい生活が一番。

まず、朝の太陽の光を浴びることで、体内時計を地球周期に調整。

日中はしっかり活動し、身体を覚醒させる。

そうすれば、夜は自然と眠くなるはずです。

また、首や背中のコリも自律神経のバランスを崩す原因になりますから、定期的な身体のメンテナンスがお勧めです。

さぁ、質の良い睡眠を手に入れて、カラダもココロも軽やかに春を迎えましょう!

Pocket

\この記事はどうでしたか?/

-BLOG, LIFE, 家庭医学・健康
-, ,

© 2020 Mind Mission